ニッポニカ・ビオラ弾きのブログ

芥川也寸志メモリアル オーケストラ・ニッポニカのビオラ弾きのブログです

2013-03-30の練習日記

 伊福部昭『交響譚詩』を練習していたら、隣のおじさんビオラが大判スコアを持っていたので写真を撮りました。1958年の音楽之友社版で、650円。「現代日本音楽選=The galaxy of contemporary Japanese music」というシリーズの一冊。奥付の上には伊福部作品がいくつもリストアップされていました。1958年は伊福部先生44歳、作曲は1943年なので29歳の時です。
 石井眞木『交響的協奏曲』も1958年の作曲で、22歳、留学前なので伊福部先生に師事していた時代です。1982年の『アフロ・コンチェルト』は46歳の作品。師と弟子の作品世界が交錯しました。